田辺栄一のハーモニカの世界へようこそ

防衛大卒業(8期陸上・電気工学)。
陸上自衛隊第1師団(東京・練馬)勤務を経て三菱電機(株)入社、65歳でリタイア。

元来音楽を趣味としていたが、複音ハーモニカ・プロ奏者の演奏を聴く機会があり、その音色と
表現力に感銘を受けた。とりわけハーモニカでアルペジオ(分散和音)奏法ができることに驚いた。
 爾来リタイヤ後の趣味として複音ハーモニカに取り組むこととなった。

複音ハーモニカの楽器としての最大の弱点である、#・♭への移行や転調する時のハーモニカの
持ち替え操作に関しては当初から課題と考え、多連ホルダーを考案、演奏活動で使用実践している。
     
「多連ホルダーの製作」 参照

またソロ演奏のほか、多重録音による重奏などを加えながらハーモニカ・ライフを楽しんでいる。
   
 「一人で重奏を楽しむ」 参照

         
ハーモニカは小さなオーケストラ

    ・全日本ハーモニカ連盟理事  ・日本ハーモニカ芸術協会認定指導者 
    ・岡山ハーモニカクラブ会員
       ・FIH全日本ハーモニカコンテスト/複音ソロ部門決勝ファイナリスト

     日曜大工と電子工作のほかカメラを片手に見知らぬ土地の街歩き・路地巡りを趣味とする。
     電気工事士及びアマチュア無線技師免許保有。
     岡山県南西部の瀬戸内海に近い小さな町・ふるさと里庄町に居住。

日曜大工あれこれ
多連ハーモニカホルダーの製作
コード・バス連結ホルダーの製作
一人で重奏を楽しむ・・多重録音装置の製作
遠隔操作式マイクスタンドの製作
複音ハーモニカのチューニングと手入れ

2014-7-1 作成 田辺
2019-6-19更新

本ページはプラウザによっては文字の表示が重なることがございます。
必要に応じて適切な文字サイズに設定して下さい。

ハーモニカ・ソロ・アルバム 
マイク付きポケットバス・コードの製作

   一人三重奏
  複音・コード・バス
    by 田辺

クラリネットポルカ
profile

干潮時の三つ山 /浅口市寄島町